乾燥野菜・粉末加工 : 商品のご案内

信州えのき&信州りんご

乾燥えのき
乾燥りんご

えのきとリンゴをOIDEYOハウス内にあるの工場で乾燥させ、“信州えのき” “信州りんご”として販売しています。30〜40度ほどの低温で乾燥させている(減圧平衡発熱乾燥法)ので、細胞の組織破壊が少なく、食材本来の香りを残しながら、旨みをギュッと凝縮しています。高温による乾燥では失われてしまう可能性がある栄養価も低温乾燥ならそのままです

・信州えのき(乾燥えのき)

旨みがギュッと凝縮されているので、そのまま汁物や天ぷらにしてもよし、もどして和え物にしたり、エキスはえのき茶でどうぞ。

乾燥えのきを使った各種レシピがクックパッドに掲載されていますのでご参考になさって下さい。

また、乾燥えのきはダイエット効果があると今、話題! えのきに含まれるエノキタケリノール酸が、内臓脂肪を落とすといわれています。また、乾燥することで栄養素が増加!

・信州りんご(乾燥りんご)

地元産のりんごを乾燥させています。乾燥させることで、素材本来の旨みや甘みが凝縮し、パリッパリの食感も楽しめます。

油で揚げていないのでヘルシー! 無添加の美味しいおやつです。

飲食店の食材として

あるレストランさんでは、乾燥えのきをスープとしてご提供なさっていますが、旨みが凝縮された乾燥えのきは、生のえのきに比べて濃厚な味わいになると評判になっています。

ほかにも、炊き込みご飯、茶碗蒸し、佃煮、吸い物、天ぷらなどの活用が知られていますが、フレンチ、イタリアン、和食、中華等々どんなジャンルの食材としても利用できます。

同様に乾燥りんごも、例えば、細かく砕いてアイスクリームのトッピングやデザートなどに活かすことができます。

飲食店の皆様の用途、量、時期等に合わせた納品を心がけています。

粉末加工

現在、埼玉県の会社から委託を受け、小松菜を乾燥させ、さらにそれを細く粉末状にして納品しています。その粉末を混ぜて練った「小松菜うどん」は、さわやかな味わいと評判です。

ほかにも、様々な食材を粉砕し粉末状にして納品しています。


こちらのオンラインショップからもご購入頂けます!